株式会社フソウ

OPERATION MANAGEMENT DIVISION

運転管理部門

蓄積された「水処理知識」と「判断力」

創業当初から上下水道施設などの社会インフラ建設に携わっていた当社には、施設の構造や建設過程を知っているからこそできる維持管理があります。 施設の老朽化、技術者減少といった課題を抱える中で、当社はこの長年培ってきた現場力で安心・安全・安定・効率的な運転管理を行い、お客様の大切な財産である施設を最新の技術で管理し、常に最善な状態に保ちます。また、お客様の施設は私たちにとっても大切な財産です。そこには日々私たちを成長させてくれるフィールドがあり、そこから得られる経験を通じて私たちは常に成長し続けます。

O&M(オペレーション&メンテナンス)事業

当社は、グループの扶桑建設工業と共に、水処理システムや水インフラ設備に関して、設計・製造・施工・メンテナンスサービスをワンストップで提供することにより、水インフラの課題を解決し、持続的発展が可能な社会の構築に貢献します。

クラウド監視システム「FIC'S」への取り組み

当社のクラウド監視システム「FIC'S」は、私たちが現在抱える人口減少および施設の老朽化に伴う施設の維持管理の問題を解決するために導入されました。本システムを導入することにより、浄水場、下水道処理場、ポンプ場などさまざまな施設の遠隔監視情報が一元管理できるようになります。また、データをクラウド上に保管することで、屋外など事務所外からのアクセスが可能になるだけでなく、災害時の事業継続(BCP)にも役立ちます。

次世代型水道管路漏水情報管理システム(AIMS)

管路の漏水は、浄水量や環境負荷の増大だけではなく、断水による生活への影響や二次災害も引き起こします。当社は配水管の漏水を、無線型漏水監視ユニットを使用した次世代型水道管路漏水情報管理システム(AIMS)により、自動で精度よく効率的に発見し、持続可能な水道システムの確立に貢献します。

水中ロボットによる配水池の調査・清掃

配水池は、水道水を貯留し需要量に応じて安定した配水を行う施設で、非常時の応急給水拠点にもなるかかせない施設です。この止めることのできない施設を、当社は水中ロボットにより、安全・衛生的に調査・清掃し、配水システムの安全性を高めます。

ISO55001認証取得

お客様の大切な資産である上下水道施設をより長く、より快適に運営・維持管理するための技術力とマネジメント力を高めるため、2017年7月にISO55001認証を取得しました。現場レベルだけでなく、組織全体でPDCAサイクルを適切に回すことにより、質の高いサービスを提供します。

PAGE TOP